江ノ島、今昔・・・

実家のある湘南・茅ヶ崎に顔を出した時の帰り道にふらっと立ち寄るスポットのひとつが江ノ島。
小学生の頃は、友達と自転車で釣り竿を背負って江ノ島の裏磯によく釣りにいっていたものでした。そして週末は車でサザエを買いに行くというのが習慣でしたね〜。特にこの9月は、海水浴シーズンの賑わいが収まり、地元の人にとっても、人が少ないのないのんびりとしたシーズンが好きだったりします。

が、今年の江ノ島は違う!!!
正直、なんじゃこの人混みは〜!と言わんばかりの人の数。桟橋もびっしりです。

ポケモンGOでレアキャラが出現するという噂のスポットになって以来、この状態らしいです。

img_3862

しかも、もともとここ江ノ島神社は弁天様で、カップルでは行かない方がいいというのが、僕のこどもの頃からの定説でした。「もう別れたいから、ちょっと江ノ島行ってくるわw」的に逆に別れたい彼氏、彼女と一緒に行くための定番スポット。

それがまわりを見渡すと、どこを見てもカップルだらけ!

江ノ島神社を調べてみると、「定番恋愛成就スポット」としてオススメされているのに驚きました!

昔はなかった、「むすび絵馬」や「龍恋の鐘」

神道よりビジネスかい・・・大汗。
金になるなら、教会も建ってしまいそう・・・。

そんな皮肉はほどほどに、行きつけのお店に行くと、店の前には長蛇の列が・・・・。しかも、名前は書けないけど新メニューも加わっている。オーナーのおやじさんに「こりゃ、笑い止まらないでしょ?」と訪ねると「いや〜、ポケモン様様ですね〜。新しいメニューの地方の観光客にはめっちゃうけてますよ〜」と終始笑顔が絶えません。だいたい、江ノ島と言えば、「さざえ」「あさり」がメインなはずなのに、今となっては「しらす」です。まあ、僕の地元の茅ヶ崎もそうですが、僕が20歳くらいまでは「しらす」の「し」の字もなかったんですけどね・・・・笑。

それにしても、まだまだ続きそうなポケモンGOの経済効果。日本全土で考えると、正直、東京オリンピックよりあると思います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn