同窓会

先日、高校時代の学年同窓会に出席。当時お世話になった先生達をはじめ、クラスメイトなど、ほとんどの出席者とは約30年ぶりの再会だ。

あくまでも僕視点ではあるけれど、僕らの学校はクラスだけでなく、学年レベルでも和気藹々として、とても仲が良かったように思う。だから人生の中でたかが3年という時間ではあるけれど、それなりに皆充実した高校生活を送っていたんではないだろうか。

さらには新設校ということもあり、若い先生が多く、当時先生達も日々チャレンジ精神でがんばっていたので、先生と生徒の絆もそれなりにあったのではないかと、勝手によい方向に解釈してしまいますw

そして会場に着くと、懐かしい面々が〜。正直、この人誰?という輩も多少はいるものの、年相応とはいえほとんどの同級生は昔とほとんど変わらずといった感じで逆に驚かされました・・・・。特に女子。もうすっかりおばさんという女子はほとんどおらず、皆キレイで本当に驚きました!!!(さては、この日に備えてカラダ作ってきたか〜!と疑うくらいでしたよ・・・)

さらには先生達は、当時とほとんど変わらず、当時はいろいろと迷惑をかけてしまったな〜と今更ながら海より深く反省でした。

昼の2時にはじまった同窓会は、4次会まで続き、お開きになったのはなんと夜中の1時。終電もなくなっていましたw。30年ぶりともなると、当時の喧嘩話、恋バナなどいくら話しても時間が足りません。え〜、そんなことがあったのとか30年の月日を経て知らされる新たなる事実。涙あり、笑いありのステキな時間を過ごさせていただきました〜。

同窓会に顔を出せる人は恵まれてるよっと以前に知人がぼそっと吐いた台詞がありました。うーん、確かにそうかもしれない。でも、このくらいの歳になると、大なり小なり皆人生の荒波やトラブルを経験していたりする訳だから、残りの人生の与えられた時間を考えると、人生の成功とか失敗とかではなく、昔を懐かしむという姿勢で同窓会に参加したらよいのかと思うのですが・・・・。

僕も2カ月前は地獄の中にいましたしw

なにはともあれ、久々に現在の生活を忘れ、高校時代にタイムスリップしてしまいましたw。次は10年後だな〜w。生きてるかな、自分・・・汗。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn