教育現場にモラルはないね

森友学園、加計学園、至学館、日大と教育機関がからむ問題が継続的にメディアに取り上げられていたが、ここにきて文科省、東京医科大の裏口入学がさらに加わる異常事態。

日本の教育現場、終わってますね。
真面目に生きていくのが本当に馬鹿らしくなってしまいます。
51歳の僕がそう思うのだから、若い社会人や学生の方々の憤りは相当なものかと思います。

文科省においては、局長というお粗末さ。教育現場の省のトップレベルがこれでは、受験生に向かって、「カンニングするなよ!」が言えません。日本においては「合格したければ、金を積め」が受験生のスローガンに変わる日が近いかも・・・。現状では特捜部によって逮捕となっていますが、佐野太局長は懲戒処分になると思いきや、単に局長ポスト剥奪の処分だけ。東京医科大に至っては、関係者の名前すらメディアは公表を避けている事態。開いた口がふさがりません。

教育現場だけでなく、法治国家のはずの日本において
法の下の平等とはなんぞや?と思ってしまいます。

まあ、正直今回の件も、運悪く表に出てしまった話で、日常茶飯事で起きていることだと思います。

確かに、日本は犯罪は少ないし、治安も悪くないし、約50年間お世話になった国ですが、こうも人として情けないニュースが続くと、やはり残りの限られた人生は他の国で過ごしたいと強く思ってしまいます。

日本にいると言えないことも、外からだとガンガン攻めることできますしねw。

なんとか次世代の子供達のために良い国にしたいという気持ちは強く持っているのですが、国をコントロールする立ち位置にいる方々があまりにもモラルがなさ過ぎて、にっちもさっちもきません・・・。

若者も、小さなこどもを抱える親御さんも、日本から出ること考えた方がよいかもしれませんね〜

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn