WordPressで遊ぶ

WordPressで遊ぶ

久しぶりにWordPressを使用していますw。

かなり昔からMovableType、Xoops、そしてこのWordPressといったCMSをクラインの要望などでカスタマイズしてきましたが、僕個人的にはあまりオススメしていませんでした。

その一番の大きな理由が「クライアントの導入目的」

WordPressでできあがったWEBサイトは、ブログの管理画面のように簡単にテキストの変更、修正、新着情報の書き込みなどができるため、クライアント社内にて運営ができるというメリットがあります。ブログなどを個人的に書いたりしているスタッフがいれば問題なく使えると思います。

そういった意味で外部運営費を抑えることができます。

しかしながら、やはりCMSで怖いのはバージョンアップすることで、使用できなくなるプラグインやデザインのベースとなる「テーマ」が正しく表示されなくなってしまったりと厄介な問題も発生します。

バージョンアップはしっかりしておかないと、バグやセキュリティー上の問題などが改善されない状態での運用となります。セキュリティーホールを突いたデータの改ざん、スパムランチャーとして狙われたりといった可能性があります。

僕自身が自分のサイトで検証用に動かしていたWordPressのテストサイトが、いつの間にかGoogleから危ないサイトとして警告を受け、いろいろと調べたところ、ウィルスをまき散らすプログラムがいつの間に設置されておりましたw。

本当の意味で普段からしっかり管理して、少しはWordpressを学ぼうという姿勢のスタッフが内部にいないと、いざという時にその修正にガッツリ費用がかかってしまいます。

で、何で久々にWordPressをいじっているかというと、まさにそういった改修依頼の業務がポツポツと発生しているためなんですが、久々に触ってみて、この3〜4年で、投稿画面が進化していたり、スマフォ対応当たり前のテーマがかなり増えており感動しました。

ちょっといじっていてワクワクしてきます。

でも、重いのは変わりませんね・・・苦笑。

WEBデザインの現場カテゴリの最新記事