日韓経済戦争

日韓経済戦争

2019年8月現在の今、日本が韓国をホワイト国(グループA)から外したことにより、韓国での反日感情がかなり高まっているらしい。まあ、連日のように流される韓国の反日報道のニュースにはうんざり。また、ネット上でのコメント欄に書かれる嫌韓コメントにもうんざり。

長い歴史の中で、隣国同士というのはどうもいまくいかないというのは実証されており、特に日韓の歴史的な背景はそう簡単には「なかったこと」にはなりそうにない。

政治、経済といった部分でいろいろとぶつかり合うのは大いに結構。両国ともお互いの国の国益とプライドをもって、しのぎ合ってもらいたい。

だからといって、国民まで巻き込んで反日、反韓といったものはどうかと思う。

そういった部分では、文在寅大統領は、大統領いや政治家としてかなり能力が低い気がしてならない。自らが反日を掲げ、国民に反日を誘導しているその様は実に情けない。

彼が大統領に就任してから、どのような実績を韓国にもたらしたのかはよく知らないが、彼が就任してからの日本の報道にて流れるコメントは感情論ばかり、最近でも「南北共闘で日本に対抗」「日本の挑戦に屈服したら歴史はまた繰り返される。今日の大韓民国は過去の大韓民国ではない、我々は十分に日本に勝てる」など夢や希望ばかり語っており、具体的な政策や計画がいつも全く見えません。

まさに口だけ番長です。
(番長の器かわかりませんが、一応大統領ですからね・・・汗)

そして事がうまく運ばなければ、どこからともなく「反日」というカードを切り出し、韓国という国ではなく、己のポジションを防いでいるようにしか思えない。
そういった意味では、今後の日本、そして韓国の国民のためといった意味でも、日本政府は徹底的に文在寅政権を潰しにかかって欲しいと個人的には思うかな・・・。

だいたい騒いでいる韓国や日本の外野達は全体の一部で、国際的な感覚に疎い輩が多いのではと思う。

このタイミングで韓国に行く予定はないが、以前に尖閣諸島問題で反日で中国が暴れまくっていた最中に、大人の事情で中国本土・上海に出向かなければならない時がありました。日本では連日のように中国での反日報道が流れ、上海においても大変な状態とうたっていました。

「嫌なタイミングでの中国入りだな〜」っと思いつつ、いざ上海に到着するも、反日らしい抗議デモも全く見受けられない。

日本のクリエイターということで上海入りしたのですが、イベントおよび展示会会場でも、ましてやホテル、飲食店、街中の市民達と皆とても親切でいろいろと助けてもらったりと有意義な一時を過ごしました〜。上海市内の至る所で、反日運動が起きているようなあの報道はなんだったんだ〜!と当時あきれておりましたw。

きっと韓国でも日本では現在至るところで嫌韓な活動がされていると思うような報道がなされているんでしょうね・・・・汗。

オバマ大統領が広島で会見したように、本当は安倍ちゃんが、現地の韓国メディアで韓国政府に対してではなく、韓国国民に直接会見できる機会があれば、いろいろと歴史も経済も動きそうな気がしますが、韓国現政権が断固阻止するのが見え見えですねw。

あくまでもクリエイター視点のお小言ですが
日本の政治も決して一流とは思えません。でも韓国の政治は酷すぎる。
毎回、政権が変わる度に、大統領をはじめ多くの関係者が逮捕される国は、やはり国家としては途上国の証です。

日韓経済戦争まあ、何はともあれ韓国と日本の関係が今後どうなって行くのかがまだまだ見えませんが、嫌な気分が継続するのは早く終わって欲しいですね〜。

脳内日記カテゴリの最新記事